不用品は回収業者に依頼するのが◎!捨てられずに溜まっていく不用品の処分・解決方法をご案内します

不用品回収に適した業者とは?
お勧めの方法と安く抑えるポイントをご紹介

不用品回収に適した業者とは?

古くなった大型家具や家電製品を処分したい
引っ越しや大掃除で大量に出た粗大ごみを捨てたい
使わないまま放置されているオフィスの大型備品を片付けたい

こんなふうに、どうにかしたい!と思ってもなかなか処分できない不用品…。

「どうやって捨てるのが手っ取り早いんだろう…」と考えてはみるものの、
「どう調べたらいいのか分からない」というのが正直なところではないでしょうか。

せっかくなら、1番安く、1番効率よく、1番手軽な処分方法を選びたいものですよね。

そんな方へオススメなのが、不用品回収業者
実は自治体より効率よく、安く処分してくれることもあるんです!

ゴミ収集のプロが片づけをしてくれるので、あなたの悩みをズバっと解決してくれますよ。

このページでは、そんな不用品買取業者がお勧めの理由をご紹介。
さらに、費用をなるべく抑える方法もお伝えいたします。

不用品・廃品の処分にお困りの方は、ぜひご参考くださいね。

不用品を賢く捨てるには?
5つの処分方法を比較

不用品を捨てる場合、その方法は大きく分けて5種類あります。

まずはこの5種類を【費用、手間、回収、買取】といった手段別に比較。
以下の表をご覧いただいてから、1つ1つの処分方法を詳しくご説明しますね。

費用 手間 回収 買取
不用品回収業者 低~中 あり あり
リサイクルショップ なし なし あり
自治体の回収サービス 中~高 あり なし
引越し業者 あり なし
オークションフリーマーケット なし あり

この表をもとに、どんな捨て方をすれば賢く処分できるのかを掘り下げていきます。

不用品回収業者

不用品回収業者

不用品回収業者の魅力は、まず『お願いしたいそのときに回収へ来てくれる』こと。

治体のサービスは土日が休みだったり、引っ越し業者やリアイクルショップは予約がいっぱいだったり、都合がうまくつかないことも…。
オークションや友人への譲渡なども、先方の都合はもちろん運搬する手間がかかりますね。

また、買取を同時に行ってくれる不用品回収業者もあるので、リサイクルショップを使う利点も兼ねられます。
不用品回収業者なら、不要なものをすべて引き取り、お金になるものを買い取り、費用から差し引いてくれますよ

買取を実施している不用品回収業者を選べば、トータルでは「思っていたより安く済んだ!」ということが少なくありません。

リサイクルショップ

リサイクルショップ

基本的にリサイクルショップは、無料で査定・買取をしてくれます。
自宅への訪問買取(出張買取)を実施している店舗であれば、運搬の手間も省けるので魅力的ですね。

また、引っ越しや大掃除をしていたとき「これって不用品回収業者にお願いしていいの?」と判断に困るものがあります。

貴金属やブランド品、腕時計や着物、そして昔のお金などが挙げられますね。
このように、お金になりそうな品物は、リサイクルショップの活用がベストです。

なかでも昔のお金は高い買取額になることもあるので、古銭買取業者比較ランキングなどのサイトを参考に、プロの鑑定士に査定してもらいましょう。

ただし、先ほど記載したとおりリサイクルショップの出張買取は予約がいっぱい。
自分の都合で処分することができないと、不用品が溜まる原因につながってしまいます。

買い取れるものしか回収してくれないので、部屋を片付けるという意味では効率的とは言えないかもしれませんね。

自治体の回収サービス

自治体の回収サービス

市区町村の役所へ電話し、委託を受けた回収業者を派遣してもらいます。
身近な存在であるため、不用品を処分したい!と思ったとき、真っ先に思いつくのがこの方法ではないでしょうか。

手近な方法である一方、実は費用と手間のかかることが多い自治体のサービス。

例えば以下の2点

最長部分が30センチ以上の物
プラスチック、金属、木でできているもの

これらは【粗大ごみとしての料金+業者への手数料】がかかってしまいます。
自分で粗大ごみとして出した方が安く済むので、ものによっては無駄に費用がかかることも…。

さらに以下の家電製品

テレビ、エアコン、洗濯機、冷蔵庫、パソコンなど

こちらはリサイクル法によって自治体が回収できないものになっています。

このように、自治体のサービスを利用するのは、お金はかかるし回収に制限はあるし、非常に手間のかかる方法と言えるでしょう。

引越し業者

引越し業者

最近は不用品回収を行っている引越し業者も多く、引っ越しのついでに処分を依頼するケースが増えてきています。

ただし『ついでに利用』すれば割引が適用されることもありますが、不用品回収のみで依頼をした場合、費用はむしろ割高となってしまいます。

買取を実施しているわけでもないので、引っ越しの予定がない限りは不用品回収として賢い方法ではありません

オークション/フリーマーケット

オークション/フリーマーケット

リサイクルショップに比べ、自由に出品できたり売値の設定ができたり、自由度の高さでは5種のなかで1番だと言えます。
インターネットやスマートフォンでも気軽に売買できるので、その手軽さも魅力ですよね。

しかし、こちらも不用品を処分する方法としてはデメリットが多くあります。

例えば、

買い手が付くまで自宅で綺麗に保管する必要がある
落札されても郵送するのに業者を呼ばなくてはいけないことがある
フリーマーケットの場合、会場へ行き来する際の運搬が面倒くさい

などなど、売れるか分からない処分品に対して手間と時間をかけなくてはなりません。

リサイクルショップ同様、部屋を片付けるという点で効率的な方法にはなりませんね。

以上、主な不用品の処分方法5つをご紹介しました。

回収も買取も同時にしてくれるのは不用品回収業者のみ。
予約も取りやすく、費用も安く済ませられるので、ぜひご検討ください!

不用品の処分費用を
安く抑えるコツとは?

どんなに他の処分方法と比べ安上がりでも、決してタダとはならない不用品回収業者。
見積もりが少しでも安くなれば、嬉しいに越したことはありませんよね。

ここでは、処分費用をより安く抑えるための方法をご紹介。
2つのポイントにまとめましたので、ご覧ください。

①:できるだけ
詳細な情報を報告!

①:できるだけ詳細な情報を報告!

不用品回収業者へは、見積もりや問い合わせの段階でなるべく細かい情報を伝えましょう。

家電の場合、

TV  32型液晶/パナソニック製/DVD内臓
冷蔵庫  180L/2ドア/シャープ製/チルドあり
洗濯機  10L/ドラム式/日立製/乾燥つき

といった情報や、できれば製造年や型番も伝えると良いですよ。
分かる範囲で構わないので、できるだけ細かく伝えましょう!

家具の場合、

使用年数/寸法/素材/キズの有無

など、使用感も伝えられるとベターです。

そうすることで「2015年製だったら無料だけど、2010年製は処分費がかかる…」など、当日になってからの予期せぬ追加料金の発生を防ぐことにつながります。

また、回収する不用品の量でトラックの大きさが決まるので、軽トラで済む量なのか、2tとタックが必要になるのかを確認しておくのも良いでしょう。

②:不用品回収業者は
比較することが大切!

②:不用品回収業者は比較することが大切!

依頼する不用品回収業者を決める際は、必ず複数の業者を比較しましょう。

近所の業者を調べただけや、ポスティングのチラシだけを参考にしてしまうと、あとになって「こんなに安くできたの?」と後悔してしまうかもしれません。

そして、複数の業者に問合せをする際には、他の回収業者で提示された金額を伝え、より安くならないかの相談をすることもお勧め。
最後に連絡した業者が最安値で請け負ってくれることもありますよ。

料金をなるべく抑えたい方は、この2つのポイントを意識してみてくださいね!

不用品回収ならエコノバ!
あなたに合った業者をサクっとご案内

ここまで、5つの処分方法から不用品回収業者のメリットをご紹介し、より処分費用を安くする方法もご案内させていただきました。

しかし、回収業者を比較するにも、依頼するにも「どんな方法で調べればいいのか分からない!」という方が多いのではないでしょうか。

そんなあなたへお薦めなのが、お片付け専門業者を探せるエコノバ。
不用品回収業者を一括で比較&見積もり依頼できるので、とっても便利なんです。

比較にはたった4つの情報を入れるだけでOK。
都道府県・市区町村・町名、そして依頼内容を選ぶだけで、あなたにマッチした不用品回収業者をピックアップしてくれますよ。

比較も査定も無料で行えるので、試してみる価値アリ!ですね。

いつか捨てよう!いつか処分しよう!と思いつつ、溜まっていく不用品…。

気づいたら部屋が物置になっていた
押し入れを整理したら要らないものだらけだった
どう処分したらいいのか分からないものが溢れている

こんな状況を打開するためにも、エコノバで不用品回収業者を探してみましょう!
あなたが思っているより、スムーズかつ安く解決できるかもしれませんよ。