初めての遺品整理
遺品の種類や期限、処分の方法などを紹介

子供のおもちゃを手放す時期はいつ?どうやって処分すればいいの?

遺品整理、それは大切な人との思い出を振り返ること。
しかし、葬儀やお墓のこともありますし、遺産相続協議が行われる四十九日法要までにするのが一般的なので、ゆっくりやれる時間がないというのが現実ですね。

遺品整理は相続に関わる物だけでなく、故人が着ていた衣類、机やタンスなどの家具、押し入れの奥にしまってある骨董品など、体力的にも大変…。

そんな時に活躍してくれるのが、遺品整理を手伝ってくれる専門の業者なんです。
遺品整理でやらなくてはならない手続きはもちろん、片付けや整理を一緒に行ってくれるんですよ。

このページでは、「遺品整理でやるべきこと」と「遺品整理で業者を使うメリット」を紹介して行きますので、ぜひご参考ください。

遺品整理でやるべきこと

遺品の整理は、大きく以下の4つのポイントに分けられます。

  • 1. 相続に関すること
  • 2. 形見分けするもの
  • 3. 供養するもの
  • 4. 処分するもの

さっそく、それぞれを見ていきましょう。

1. 相続に関すること

相続に関することは、遺品整理でもっとも大切であり大変なことです。
故人が残されたものには、相続税が掛かる遺品も。

例えば、有価証券や生命保険、現金や銀行の残高、宝石や趣味で集めていた骨董品などは、相続の手続きが必要です。

財産に見合った相続税を払わなければなりませんし、四十九日法要でご家族が集まった時までに分配についても考えなければなりません。

これに関しては、行政書士や弁護士などに依頼するのが一般的です。
もめ事の原因となる可能性もあるので、早めに依頼するようにしましょう。

2. 形見分けするもの

形見分けとは、故人が所有していた遺品を家族や親せきに引き継ぐことを指します。
書斎にある木彫りの机などの家具、時計やアクセサリー、靴や服なども含まれます。

上記で紹介した相続に関わる物もあるので、均等になるように分けなければなりません。
遺品整理を行う際に、遺品一覧を作成しておくと形見分けがスムーズに進みますよ。

3. 供養するもの

仏壇や故人が大切にしていた古い人形など、処分をするのに困る物もあるでしょう。

仏壇には先祖の魂が入っているので、お寺で魂抜きという儀式をした上で廃棄。
人形などは神社で「お焚き上げ」をお願いしましょう。

4. 処分するもの

ここまでご紹介した3つ以外が、処分の対象となります。

処分と言っても捨てる以外の選択肢もあるんですよ。
例えば、買い取ってもらったり寄付したりするという処分方法。
まだ使える冷蔵庫やテレビといった家電は、リサイクルショップなどの買取業者に。

使うことのない骨董品は美術館への寄贈したり。
その他、衣類などで家族が使えない物でも、海外に住む恵まれない方に送ることもできます。

故人の事を考えると、なるべく捨てる以外の選択肢を取りたいですよね。
故人も嬉しいでしょうし、最終的にどうしても引き取り手がないものだけ捨てるという選択肢をする取ることをおすすめします。

ここまで、遺品の種類や対応策など遺品整理について紹介して来ましたが、これだけのことを家族だけでやるのは大変です。

近くに住んでいるならば日数を掛けずに出来るかもしれませんが、亡くなられた方が遠方に住んでいる場合や、家が大きかったり遺品が多い場合には時間が掛かってしまうでしょう。

こんな時は、遺品整理のプロに依頼することをおすすめします。
遺品整理のプロが行ってくれるのは、以下のこと。

1. 遺品の整理を行う

遺品は家中にありますが、同じ種類のものが1つの部屋にまとまっている事は少ないでしょう。
これらを整理し、相続に必要な物・衣類など項目ごとに分けてくれます。
それをご自身で、形見分け出来る物か処分する物か、に振り分けます。

2. 不要な物を買い取り・引き取ってくれる

遺品整理をした上で、不要なものを買い取ってくれる。
もしくは、物に応じた買取業者を紹介してくれることもあります。
最終的に捨てる判断した物も、まとめて引き取ってくれます。

3. 遺品整理後の掃除

遺品整理では、家中から故人の遺品を集めます。
その為、遺品整理が終わっても、その片づけが必要です。
プロに依頼すると、最後のお掃除まで手伝ってくれるんです。

デメリットとして挙げるならば、費用が掛かってしまうこと。
ですが、買い取ってもらえるものがあれば、収支がプラスになることも。

何よりも、大切な家族が亡くなり精神的に辛い時に、体力的に大変な遺品整理を手伝ってもらえるのは心強いですね。

遺品整理の専門業者を探せる「みんなの遺品整理」

みんなの遺品整理

大変な遺品整理ですが、大切な人が残してくれたものなので適当な扱いはしたくありませんよね。

できる限り、丁寧に取り扱ってくれる業者を選びたいところ。
そんな時におすすめなのが、「みんなの遺品整理」
遺品整理士の資格を持つ全国の業者のみをまとめて掲載しているサイトです。

例えば、

  • 四十九日法要までの時間がないからスピーディに対応してくれる業者
  • 費用をあまり掛けられないので、時間が掛かっても価格が低めの業者
  • 遺品整理以外にも、家の掃除を手伝ってくれる業者

などなど、遺品整理と言っても手伝って欲しい内容はそれぞれですから、あなたが必要な業者を紹介してくれるんです。

また、このサイトを運営している「遺品整理士認定協会」が、遺品整理で分からないことをアドバイスしてくれるので、困ったことがあっても安心ですよ。紹介や問い合わせで費用が掛かることはありませんので、遺品整理で困ったことがあれば、ぜひ問い合わせしてみてください。